結論から申し上げますと、

意外と変わったお酒って売ってない

(笑)

それこそ

如何にもご贈答用!

みたいな風格を漂わせる、高級そうなブランデーやウィスキーの取り扱いはなくはないものの、俺が飲んでみたいのは

そういうの

ではなく、それぞれの国の一般の方々が、特にスペシャルな日でも何でもない日の晩酌にでも召し上がるような、

国内の事情で喩えるなら

1万円も2万円もするようなワインではなく、せいぜい1000円とか、イオン辺りに行けば500円ぐらいで買えるワイン

で、

まぁ一瓶(700mlぐらい)で1000〜2000円程度のお酒を探しているのでした。

売り場面積の大きな酒屋さんや、お酒売り場は確かにあるんですよ。

それなのに、ウォッカやジンやラムといった、いわゆる「スピリッツ」の取り扱いはどこも似たり寄ったりで、売り場の多くを占めるのは、様々な銘柄の日本酒や国産焼酎ばかり。

外国産のお酒でも、ワイン、ウィスキー、ブランデーが専らで、スピリッツの類は隅っこのワンコーナーに追いやられているような状況。種類としても多くはありません。

もっとも、外国(お酒の産地)では庶民的な値段で売られているお酒も、日本へ持ち込むに当たっては、輸送料だの関税だのと色々なお金が掛かってしまって、結果的に高値で売らざるを得なくなり、日本国内に於いては高価になってしまう……故にそもそも輸入してまで売ろうとしない……みたいな事情があるのかもしれないけれど。

一方では、わざわざ日本国内向けの公式ウェブサイトを立ち上げている海外ブランドまであって、探せばありそうな気配も。

そうそう、バーを利用したりすると、それこそ世界の色んなお酒がバーテンダーさんの背後の棚にズラリと並んでいるじゃないですか!

従って、上手に探せば日本国内にも

きっとある

ハズですよ!

引き続き、機会を見てはアッチコッチ探してみたいと思います(^-^)

にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ