基本的に、乳製品全般にはリンが多いとされ、腎臓を傷めている人工透析患者による摂取(飲食)に関しては若干の注意が求められたりするのだけれど、俺は個人的な判断でヨーグルトを食べるようにしています。(もちろん血液検査の結果等でも問題は出ていない)

昨今では、同じビフィズス菌でも"高生存タイプのもの"だとか、同じ乳酸菌でも"LG21"だとか"LB81"だとか、様々なものの含まれたヨーグルトが各社から色々と発売されており、それでも

浮気せずに同じ製品を継続的に頂いたほうが良かろう

と、いつの頃からかダノン社製の『BIO(無糖)』を決まって食べるようになりました。

ヨーグルトに良くある、小分けにされた4つのパッケージが"漢字の田の字型"に繋がっているタイプで、もう自宅にある分は食べ終えてしまいましたし、買って帰らないとなぁと思いつつ店頭を眺めていると、どうやら最近になってパッケージデザインが新たに変わったようです。

ところで、年齢を重ねると、何と申しましょうか、目もそうだけれど、視覚的な判断能力(或いはセンス)?みたいなものまで衰えて来るのか、上のような

微妙なパッケージデザインの変更等

に弱くなります(^_^;;

多くの方に幼い頃、お願いしていたプレゼントとビミョーに違うプレゼントを大人から拝領し、『これじゃない…!』とガッカリされた経験がおありなのではないでしょうか。

あれね、自分がおじさんになってみると、

「間違えている」のではなくて「分からない」んですよ(笑)

例えば、同じペットボトルの『ナントカ茶』にしても、今は色々とあるでしょう?

ホット専用、だとか、最近なら、『特定保健用食品(トクホ)のナントカ茶』とか。

もちろん、区別の付くようにパッケージやラベルのデサインを変えて下さってはいるものの、おじさんの目には良く分からない(笑)

『新デザインなのかな?』と思うと、そもそも違う製品だったり。

だから、件の『BIO』を買うにもドキドキです。

『何か別の製品なんじゃないか?』

なんて(^_^;;

まぁ色々と考えや目的はあるのでしょうが、視力も感性も鈍ったおじさんからすると、余りパッケージデザインは変えて頂きたくないのが正直なトコロ。

年齢を重ねると、肉体的な面のみならず、そんな面でも衰えが出て来るのかもしれません。

単に

興味の有無(自分に興味のないことだから良く分からない)

だけではない気がするんだよなぁ。

まったく参ってしまいます(+_+)

そういった感性みたいなものも含めて、若い方たちに置いて行かれないよう、時代に取り残されぬよう、気を付けなくちゃね(^_^;;

コレジャナイロボ
メディコム・トイ



にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ