夜中に目が覚めて、少し考える。

そろそろ暖かくなって来たし、伸びた髪の毛が鬱陶しい。

髪でも切りに行こうかな。

明日は薬の出る日だし、

……

午後の血液透析が終わる頃には、門前薬局が閉まってしまう為、血液透析後、薬局に備えられた郵便受けに処方箋を投函しておくと、後日、処方箋通りの薬を組んで下さり、それを改めて取りに行くスタイル。

……

仕事で必要な書類を取りにも行かなければならなかった。

どうせ外へ出るなら買い物もしたい。

最近、余りゆっくり眺めることのなくなった雑貨屋さんとか、電気屋さんとか。

そんな時、このブログが軽い負担になる。

何も考えず、チャチャッと書いてしまえば良いものを、大したブログでもないのに、変に身構えてしまうから、実際に記事を書いている時間はともかく、

『何を書こうかな、あれを書こうかな』

なんてやっている時間がけっこう長い。

そんなネタを絞り出す時間をも含めると、もしかすると毎日1時間以上はブログにかかずらっているやもしれなかった。

恐らく、ブログを億劫に感じている最大の理由が"それ"だ。

そして今も、

『そうして考えた挙げ句、何も書くことが見付からなかったらどうしよう』

と戦慄を覚え、こんな時間(深夜1時30分)から記事を書き始める。

今の内に書いてしまえば、日中は安心して気兼ねなく動き回れるから。

ブログを仕事にしているワケでもないのにね(^_^;)

我ながら、クソ真面目(下品で失礼)。何をするにも窮屈で、柔軟性に欠ける。

せっかく好きなことがあるのだから、それを伸び伸びと楽しめる人間になりたかった。

最初は楽しくやっているのに、その内、色々な制約を設けて、自分をガンジガラメに縛ってしまう。

そんな自分が大嫌いだ。

ただ、柔軟性に欠けている点、決めたことは全うする点が評価される場合も多々あるから難しい。

とはいえ。

自分としては、やっぱり窮屈だ。

これで今日の分は書いてしまったから、少しは気が休まる。

そしてもう十数時間もすると

『明日のブログは何を書こう…』

が始まると思う(笑)

〜追記〜

読者の皆さんからすれば、

「またそのハナシかよ!」

みたいな記事になってしまったかもしれません。

足掻くにしても長過ぎだけれど、これでも足掻いているのでご容赦頂けると嬉しいです。

ごめんね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ