少し前、Twitterの方では触れていたのですが、方々で探し求め買い求めたお酒の数が

それなりに

なって参りまして、そのボトルが


可愛いく思えたものだけれど、それが9本10本ともなって来ると、ちょっと「可愛い」では済まなくなってしまいました(^_^;;

まだボトルがお行儀も良く整列していれば良いものの、その列も乱れ、中には空になったボトルが床に転がっていたりすると、

ただのノンダクレの部屋

にしか見えなくなってしまいます(笑)

そこで、お酒の瓶が綺麗に収まる箱が欲しいなぁ、と。

とりあえず、箱買いしている使い捨てカイロの箱が大きさ的にちょうど良さそうだったので、いったん箱を開いて、本来であれば箱の裏である無地の面を表として箱を組み直し、それを

ハントして来たお酒のボトルを入れる為の箱(『ゲームボックス(エタノールハントで得たお酒を収める箱)』と名付ける)

と致しました。

こんな感じです。

Game_Box

どどん。

側面にある「ワレモノ注意」的なステッカーは、いつだかダイソー(だったかな?)で手に入れた物です(←良い歳してシールの類が大好き)。余っていたので貼ってみました。

だいたいボトル6本が入ります。まぁ、集める一方でなく、少しずつにせよお酒は消費されるワケですから、6本も入ればじゅうぶんでしょう。(もっとも、横にいる子は容量の問題で箱に入れなかった子ではあるのだが…)

あ、そうそう、下に写っているグラスも可愛いんですよ!ついでに紹介しちゃおう。

ショットグラス

ばばん。これは間違いなくダイソーの商品で(買ったばかりだから確実!)、いちおう商品名としては

『ショットグラス』

となっており、その名の通り、容量は約1ショット(=シングル=30ml)となっております。

お酒は一日に2ショット弱(50ml)と決めている俺にとっては便利な容量で、ショットグラスの割りには高さもあり、ショットはショットでも、文字通り

グラスを傾けつつ

ゆっくりお酒を楽しむのにも適していて、お気に入りです(^-^)

ただ、やはり100円だからということなのか、どうしてもガラスの厚みが気になって、もっともっと薄いガラス……唇に当たる部分のガラスが薄い方がお酒は美味しく感じられる……なら更に良かったのに、とも思う一方、余りにガラスが薄いと、やはり何かと壊れやすくもあるので、そこはそれ、良しとしました。

お酒はもちろん、それを如何に美味しく飲むか、飲み方や使用するグラスの研究をしてみるのも面白いかもしれません。

せっかくなら、いちばん美味しい飲み方で飲んだ方が良いですものね。

…。

これから仕事だってのに、お酒の話なんて書くから、ちょっと飲みたくなって来ちゃった(笑)

いかんいかん。

仕事に集中します。

それでは、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ