毎年、今の時季は少し怖いです。

春めいて、すっかり暖かくなったと思うと、思い出したかのように寒くなったり、朝晩と日中の気温差が大きかったり、特に俺の場合は花粉症があったりもする為、

『くしゃみが出るし、鼻もグズグズする。まぁ花粉のせいだろう』

等と高を括っていると風邪だった、なんてこともありました。

とはいえ、改めて考えてみれば、ここ何年かは風邪を引かなくなったような…。

少しハナシは逸れますが、ちょっと年齢を重ねた、いわゆる

おじさん(おばさん)

世代って風邪を召されにくい印象が…(^_^;;

若い頃、子供の時分、自分はしょっちゅう……下手をすると年に複数回のレベルで……風邪を引くのに、父親や母親が風邪で寝込むようなことは滅多になく、通っている学校の先生が風邪で休んでしまった記憶も思い出せる限り数える程もなかったのではないでしょうか。

当時は

『大人は体調管理がしっかりできていて、肉体的にも強いんだ』

と思ったものだけれど、その辺の年齢に自分がなってみると、単に

ウイルスに対する反応が鈍化しているだけ

のような気もして参りました。

抵抗力が落ちているというか、悪いウイルスが入って来ても体が無視してしまう

みたいな。

いや、もちろん専門に学んだワケでも、今回の記事を書くに当たって何か調べたワケでもないので良く分かりませんが。

風邪にしろ何にしろウイルスが原因の病気の場合、体内へ入ってしまったウイルスを何とかやっつけようとして、色々と体の方が反応するワケでしょ?その結果として熱が出たり咳が出たりするだけのハナシで、ウイルスが直接的な感冒症状の原因……ウイルス自体が発熱するとか……ではない。

従って、一概に

『最近は風邪も引かなくなったし俺は病気に強くなったのだ!』

とは言えないようにも思えます。

もしそうだとすると、久しく風邪を引かないというのも良いんだか悪いんだか。

それでも風邪はありがたくないしなぁ(+_+)

ちょっとね、調子が思わしくないんですよ。

『花粉症だろうな』とは思う一方、或いは…。

「風邪を引かないように気を付ける」

たって、具体的に何をどう気を付けりゃ良いんだか(^_^;;

まぁ、とりあえず、体を冷やし過ぎないように…ぐらいかな。

気を付けます(+_+)

〜追記〜

おじさん(おばさん)世代は風邪を引きにくい説

は俺の主観に過ぎず、

本文中の風邪の症状が出るメカニズム等

に関しても全く調べておりません。

完全なデタラメだったら、ごめんなさい。

にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ