インターネット通販のAmazonで買い物する機会が少なくない。

本にせよ家電にせよ、わざわざ実店舗まで買いに出たのに売っていなかった(品切れだった)なんてことになるとガッカリするし、Amazonで購入した方が却って安かったケースも実際にあった。

ところで、俺はクレジットカードを持っていないので、Amazonで買い物をする際は、コンビニエンスストア等で取り扱われているAmazonギフト券を自分用に購入し、自分のAmazonアカウントにチャージしている。

『いつかは何かで使うだろう』

という気持ちから、ちょっと財布の中に余計な現金があると、それをコンビニエンスストアでAmazonギフト券にし、その分をチャージして…を繰り返していたトコロ、ある時は結構な額になっていた。

もう使ってしまったけれど(笑)

上のような行為を、俺は

Amazon貯金

と呼んでいる。気づくと貯まっているから面白い。

急な贈答が必要になった時などでも、Amazonに少しお金が入っていると、俺のようなクレジットカードを持っていない人間にとっては助かるものだ。


1万5000店以上ある対象店舗(コンビニエンスストアやドラッグストア等)の店頭レジでバーコードを提示し現金を支払うと、その金額分がAmazonギフト券の残高に追加されるといったもので、500円から4万9000円まで、1円単位でチャージできるらしい。

まだ俺は使っていないものの、

500円から4万9000円まで1円単位でチャージ可能

なのは非常に魅力的といえ、例えば対象となっているコンビニエンスストアで買い物をし、700円のお釣りが出たとすれば、それをそのままAmazonのアカウントに移すことが可能となる。

「700円のお返しになります」

「あ、それ、全部『Amazon Cash』でお願いします」

「はい」

『Amazon Cash』のバーコードを表示させた自分のスマートフォンを店員さんに読み取ってもらう。ピッ。

これで現金として700円のお釣りはもらえない分、Amazonの方へと700円が貯まるのだ。

ただ、専用のアプリでもあって、ワンタップでバーコード表示できるようになったら良いのに、と思う。

俺の使い方が間違っているのか、試しに件のバーコードを表示させてみると、

1.スマートフォンのAmazonアプリを立ち上げる。

2.検索ボックスに「Amazon Cash(アマゾン キャッシュ)」と入力。

3.「バーコードを表示」をタップ。

と若干の手間が掛かり、買い物をしてお釣りの額が明確になった段階からもたもたとバーコードを表示させるのも何となく気が引けてしまいそうだ。

また、取扱店舗が1万5000店あるとはいえ、セブンイレブンやファミリーマートといった大手コンビニエンスストアは現時点で『Amazon Cash』の取扱をしておらず、今後その辺りも拡充されることを期待したい。