何かと書きたいことがあったとしても、いつも臆病な自分が邪魔をしていることに気づかされました。

自分の価値観だけで好き勝手な記事を書いて傷つく人があったらどうしよう

とか、もっと極端に書けば、

慎重さを欠いた記事を書いて炎上しちゃったら大変だ

みたいなね。

やっぱり、いくら作文は好きでも、その文章を発表するのに向いていない性格らしい。

堂々と書けない

というか。

いざ書こうと思うと怖くなっちゃうんだ。結果的に、当たり障りのない、毒にも薬にもならない、要はつまらない記事になってしまう。

嫌なものだね。

10年以上も続けてきた結果として得られた答えの一つが

『向いてない』

ってのも。

余りにも気づくのが遅かっただけか(笑)