かねがねがちぶ。

人生踏んだり蹴ったり。

無音送法。

こんな俺でもLINEでやりとりをさせていただくことがございます。

LINEですから、恐らく相手ももっぱらスマートフォンということになるのではないでしょうか。(いちおうパソコン向けのソフトウェアもあるにはあるようだ)

当然のことながら、自分の側としてもLINEを受ければスマートフォンが鳴動するワケです。

「今は音を出せないから」とマナーモードやサイレントモード的な設定にしておいても、LINEが届くとブーブーと、バイブレーターの音が割りと大きく響いたりもして。

むろん、送る方としても多少の気を遣います。

例えば深夜など、

何かしらのメッセージは伝えておきたいが決して急ぎではない。さりとて、翌朝まで待つと自分が内容や送信を忘れてしまいそう

そんな伝言が誰しもあるのではないでしょうか。

そこで、

いつでもいいから読んでねモード

とでも申しますか、とにかく

相手のスマートフォンを鳴動させないようにして送るだけ送っておくモード

があったら便利なのに、なんて。

そんなこと考えるのは俺だけかな。

即時に通知がいかないまでも、何かのついででLINEを立ち上げた時に

「あ、きてる」

その程度の埒もないメッセージを、時間を気にせず送れたら便利なのにな、そんなことを考えておりました。

お気になさらず。

こんなしょーもないブログを読んでくださってるという時点で、当ブログ読者の皆さまがたは、たいへんに心根のお優しい方たちであると心得ております。

ときおり寄せていただけるコメントにしても、あたたかい内容ばかりです。

そんな中にあって、とくにこの頃は俺の不調や具合の悪さをうったえる内容の記事ばかりで、お気をつかわせてしまっているのではないかと、心苦しく存じます。

元気は元気なんですよ。

ただ、今までにもずっとあったブログに対する苦手意識(その日の記事が書けなかったらどうしよう、みたいな)もあって、とりわけブログに対しては負担になりがちというか。

まぁ、ここ何日かの記事を読んでいただいてもお分かりのとおり、しばらくは記事の長さを気にせず、ぼつぼつと気を楽に書くことといたしました。

少なくとも今の時点では、このブログを閉じるようなことはしたくありません。

果たして、どうなることやら。

心が折れそうだ。

ただでさえ憂うつなところに、長雨の季節に入りいよいよ憂うつです。

限界というわけでは決してないけれど、こうして心と向き合わざるをえない作文作業にはなかなかの厳しさ。

ああ、もう筆が止まったな。

どのテレビ番組も面白く感じられず、映画を観ても集中力が続かず(90分の映画を鑑賞するにしても、一日10〜20分ずつ、とか、こまぎれにして観ている)、一冊の長編小説を読むのに一月もかかり、それでいて内容の一つも頭には入っていない。

面白みも張り合いもない日々が続きます。

ああ、いや、生きる気力だけはじゅうぶんにございますので、どうかご心配なく。

週に三度受けさせていただける血液透析をはじめ、自身の健康管理にも前向きに取り組んでおります。

ここで動けなくなってしまったら、どうなるものかわかったものではありませんから。

未来が怖い。

いちおう緊急事態宣言も解除され、新型コロナウイルス騒動も一段落かと思いきや、仕事が元のとおりに戻ってくることは未だなく。

そんな経済的な不安に起因した将来へ対する漠然とした不安から、まったく調子がよくありません。

週に三度受けさせていただいている血液透析中にも医師による回診があり、体の具合をたずねられるのですが、そんな具体性に欠ける不調を訴えたところ

「ここ最近は同じような症状(不定愁訴)をうったえる患者さんも増えている」

と。

こうしてブログを書いている時間も今は余り楽しく感じられず、正直、

なんのために書いているのやらわからなくなること

が多々あります。

しばらくブログはお休みしようかなぁ。

つらたん。

今の時季にありがちな、精神的な不安定。

少しずつ少しずつ平常通りに戻りつつあるとはいえ、仕事は明らかに少なめで、それに伴ってとにかく収入が少ない。

いろいろと支援策はあるそうなのだが、血液透析に終われる日々と、たとえ少なくとも任せていただいているお仕事と、それもお役所仕事の常といおうか

制度を調べてみるとどうにもややっこしくて頭が痛くなるわ

で(俺は情けないぐらい世間知らずで頭も悪いのだ)、「まぁなんとか生活はできているし」と役場へ相談に行く気もわかず。

アクティブ(積極的)に「助けてもらおう!」という気にもなれないで、ひたすらダメだダメだとふさぎこんでしまう。

さすがに申請さえすれば全ての国民に給付されるという10万円に関しては申し込んだけれど。

今、パソコンが壊れたら。

今、クルマが故障したら。

今、スマートフォンがダメになったら。

そんなレベルのことで破綻しかねない生活。(いずれも仕事道具の一つでもあり、収入を守るために不可欠なものだ)

貧乏は、つらい。
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

nanny

恥ずかしがりで寂しがり。

Iga腎症、アトピー性皮膚炎等、様々な病気と付き合っており、現在は血液透析(週に3回 1回4時間)を受けている元腹膜透析(CAPD)患者です。

糖尿病がありましたが、40kg以上の減量に成功し、現在は寛解しています。

2009年7月3日に原因不明の卒倒をして以来、離人感を抱くようになりました。

ブログでは日々思った色々なことに就いて書いています。

今日の暦