前の記事…。

何となくタイトルに、「異常食欲者」と書きました。

幾度も幾度も強姦や痴漢等を繰り返す、所謂「異常性欲者」なる人があるそうですが、「欲望に打ち勝つことが極めて困難」と言う意味では、俺も殆ど変わりがないのだな、と。。

何だか、とても哀しい気持ちです。

どうして俺は、ここまで「食」に依存しているのだろう。。

精神的な要因もあるのかも知れないけれど、もっと先天的な何かがあるような…。

「性欲」は犯罪に繋がりますが、一般的な生活さえ営んでいれば、「食欲」は殆どのケースで、それと結び付きません(食い逃げとか窃盗(万引き)はあるかも…)。

そこには感謝しなければ。

しかし、俺が最も忌み嫌う性犯罪を犯す人の脳(?)と俺の脳(?)が、「性欲」と「食欲」と言う点が違うだけで似通っているのかも…と考えると、とても複雑な心境になります。

「異常食欲者」か…。

手前味噌ながら、良く出来た言葉です。

肝に銘じることにします。