(ヤタラと数字が多く、非常に分かり難い記事となっており、内容も殆どありません。時間の無駄となることをご了承の上、お読み頂ければ幸いです)

腹膜透析が大不調だったことがあり、今週は二度の血液透析を受けることとなりました。

昨日の血液透析では56.2kgだった体重を、4時間の血液透析で52.7kgまで落とした為、3.5kg引いた計算になります。

以前、俺の場合は毎時0.9kgまで引けると書きました。同時に、血液透析中は自分の体に溜まった余計な水分(及び老廃物)が出て行くばかりではなく、”何らかの水分”が加わっているらしいとも。

昨日は余り詳しい説明を受けないまま血液透析を受けたので良く分からないのですが、件の”何らかの水分”が0.3kgであったとするならば、差し引し3.8kgを減らしたことになります。

4時間で3.8kg引いたワケですから、毎時0.95kg。何だか計算がオカシイものの、大体そんな感じになるでしょう。

一方、昨日の血液透析の後、夜には強力な腹膜透析液である『エクストラニール』を使用した腹膜透析も実施しました。

今朝になって排出してみると、2000g入れた『エクストラニール』が2950g(プラス950)になって出て来ました。増えた950g(0.95kg)だけ俺の体重は軽くなったと言うことです。

結果として、今朝の体重は51.9kg(腹膜透析液の重さは含まず)。

明日の血液透析でも毎時0.9kgずつ引くとして、3時間で終わらせる為には、52.4kgまでしか体重は増やせません(目標体重を50.0kgとした場合)。

今日は日中の腹膜透析はお休みなので、基本的に体重は増えるばかりです。(現在は殆ど尿が出ない。出たとしても一日150ml前後。後は大きい方に期待する外ない)

夜になれば再び『エクストラニール』を使用した腹膜透析を行い、やはりプラス1000前後は稼げると考えても、余り油断の出来ない状況と言えるでしょう。

「明日も血液透析があるから余計に飲んじゃえ」とは行かないようです(+_+)

現在、通っている病院のベッドは寝心地が余り良いとは言えず、血液透析で4時間も寝転んでいると腰が痛くなって来ます。なるべく3時間で済ませたいトコロ。

…。

人工透析を受けさせて頂けるだけでも感謝しなければならないのに、ベッドの固さにまで不満を覚える。

自分の野放図な性格を改めなければ。

図々しくて申し訳ありません。

暴飲暴食の挙句、腎臓を壊したことを忘れ掛けていたようです。

反省。