かねがねがちぶ。

人生踏んだり蹴ったり。

2013年04月

何でかな。

どうも。お久し振りです。

お元気ですか?俺は元気です。

なかなかブログの更新が出来ず申し訳ありません。

割りと忙しく…と言うのも言い訳か。空いた時間は幾らでもある。

取り立てて書くことがない、と言うのが本当のトコロ。

そろそろ血液透析生活にも慣れ、だらだらと変化のない日常を過ごしております。

どうも『何でも書いちゃえ!』の境地へは至れません。

どんなコダワリなんだか(^_^;;)

追記。

そうそう。

先程の記事の件で、

「まとめて食べる分を上手く分けて、一日三食とかに出来ないものか?」

と言うお問い合わせを、ブログを読んで下さっている仕事仲間の方から頂きました。

それも方法の一つとして考えたのですが、そうなると一食の量が極端に少なくなり、満足感が全く得られないのです。

それに塩分や水分の問題もあります。

食べる回数を増やすと、摂取する塩分の総量まで増えてしまいがちで、喉が乾いてしまい、結局は耐え切れず、水に手を出してしまいます。

(一日の食事の全てを自炊で済ますことは難しく、塩分の管理も雑になる)

後は排泄される重量とのバランスや、消化のタイミング等々、試行錯誤した結果として、様々な問題が見えました。

(要は毎回の血液透析開始時の体重が全てなのだ)

その結果として、今の生活があります。

今のようにして置けば、体重の管理にも間違いがありません。

そのような次第。

故に、これは元々大食らいの俺に向いた方法で、他の透析患者さん方には全くオススメ出来ない…と言うワケです。

お分かり頂けたら幸い。

ちゃんと栄養は摂っているよ。

どうも。お久し振りです。

お元気ですか?俺は元気です。

またも来ました金曜日(+_+)

一週間が速い速い…。

良く考えれば、一週間に三回しか食事をしないワケで(上記リンク先参照)、三回ゴハンを食べたら、もう翌週。

結構な量を一度に食べるので、

健康な方の一日分の食事=俺の一週間分の食事

と言うワケではないものの、やはりクチが寂しいです。

いささかネガティブな書き方になってしまいますが、画期的な再生医療技術でも出て来ない限り、こんな生活が死ぬまで続きます。

もう少し慣れて、この生活がアタリマエになって来たら、幾らか楽になるかなぁ。

飢餓感とは別に、『何となく食べたい』と言う思いが過ります。

いや、”食べられないこと”よりも、”飲めないこと”の方がしんどいかな。

上手く欲求をコントロール出来る人になれる様、頑張ります。

アタマから離れぬこと。

「身体に重大な問題のある人間が恋愛をしては行けない」とは言いません。

とは言え、俺の場合、せっかく好きになった方でしたら、可能な限り幸せにしたいと言う強い思いがあります。

もしかすると、その根本には、問題だらけだった自分の家庭の存在があるのかも知れません。

幸せを定義することは難しいですが、今の日本の場合ですと、単純に経済的な余裕であるような気もします。

仕事はある一方で、ちゃんとした正社員ではなく、何となく任せられた作業し、僅かなお手当てを頂く生活。

経済的に不安定な上、肉体的、精神的にも問題がある身とあっては、とても何方かとお付き合いさせて頂く気にはなれそうにありません。

(お金に不自由な上、人工透析患者でもあり、女性に恐怖心を覚えるトコロもあって、更に夜の営みは恐らく不可能性自認もオカシク、今となっては一緒に食事を楽しむことすら困難だ)

従って、好きな方があっても、或いは誰かに好意(のようなモノ)を寄せられても、今の俺は逆に逃げ出してしまいます。

好きになれば離れる。万が一にも好かれそうになれば突き放す。

常々『友達が欲しい』、『恋人が欲しい』と思っている反面、『今の俺ならば仮に死んでしまったとしても多くの方を悲しませずに済む』とも思うのです。

ブログを読んで下さっている方、Twitterでフォローして下さっている方ならば、もしかすると心を痛めて下さるかも知れません。

しかし、顔も知らなければ、死んだ俺自身が「死にました」とは発信できない以上、それを確かめる術もなく、『見掛けなくなったけれど(更新に)飽きちゃったのかな?』程度の認識のまま、時は流れることでしょう。

それは悲しいことのようで、同時に俺の望むカタチであるような気もします。

色々と反論はあろうかと存じます。しかし俺は自分の欠点を乗り越えられない弱い人間です。

仲の良い家族もなく、友達もない。

とても寂しい人生でした。

この先も生きて行けば、新たな望みのカタチが見えて来るでしょうか。

とは言いつつも死を恐れているのですから、本当は何らかの変革を求めているのかも知れません。

今際に変な後悔が残らなければ良いのですが。

いつもの。

今週も始まり、無事に月曜日の血液透析を受けて来ました。

暖かな季節になって来ると、血液透析後に寄り道を楽しむ余裕も出て来ます。

寒い時季は『早く部屋に戻りたい』とばかりに、凍えながら家路を急いでいましたから。

俺の血液透析が終わる頃に食事の準備をされているご家庭も多いようで、住宅街をブラブラしていると、色々と良い匂いが漂って来ます。

こちらとしては、透析のある日に食事はしませんから、「目の毒」ならぬ「鼻の毒」です(^_^;;)

不思議と匂いで分かるんですよね。何となく。『あー。何かお魚の干物を焼いているのかなぁ?』とか、『チャーハンかな?』とか。

不思議と玉子焼きの匂いなんて意識したこともないのに、匂いを嗅いだ瞬間、『玉子焼きだ!』とハッキリ分かる(正解かどうかは不明だが…)こともあります。

仕事帰りなのか、スーツを来た若いお兄さんが肉まんか何かをカジりながら歩く様も目にしますし、ハンバーガーショップや牛丼屋さんの店内で食事をされている方の姿もチラホラ。

コンビニエンスストアでは、アタリマエのように缶ビールと好きなお弁当を購入している方。

そんなアタリマエが俺にはありません。

カロリーの高い食事やお酒ドコロか、お茶やお水さえ自由には飲めなくなってしまいました。

あれ。何が書きたかったんだったかな?

こんな既に書き飽きたネガティブなことを書くつもりはなかったのですが(^_^;;)

すっかり忘れてしまいました。

それでも季節の空気を肌で感じ、元気に動き回れるだけ幸せなのでしょう。

頑張って生きようっと。

月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

nanny

恥ずかしがりで寂しがり。

Iga腎症、アトピー性皮膚炎等、様々な病気と付き合っており、現在は血液透析(週に3回 1回4時間)を受けている元腹膜透析(CAPD)患者です。

糖尿病がありましたが、40kg以上の減量に成功し、現在は寛解しています。

2009年7月3日に原因不明の卒倒をして以来、離人感を抱くようになりました。

ブログでは日々思った色々なことに就いて書いています。

今日の暦