かねがねがちぶ。

人生踏んだり蹴ったり。

映画

ファイト・クラブ。

1999年の映画、『ファイト・クラブ』を今更ながらに鑑賞。

監督はデヴィッドフィンチャー。エドワードノートンや「ブラピ」ことブラッドピットが出演。

公開当時から気になってはいたものの、何故か観るに至らず。

内容を知ろうとしたこともなく、知っているのはタイトルと、

デヴィッドフィンチャー監督作品でブラピが出ている

ってことぐらい。

何となく、そのタイトルと当時の宣伝等の情報から

男たちが殴り合う青春映画

ぐらいに思っており、俺が考えていた『ファイト・クラブ』は、

冴えないサラリーマンのエドワードノートンがブラピを通じて秘密の格闘技(殴り合いの喧嘩)同好会『ファイト・クラブ』の存在を知り、そこで生まれて初めて自らの凶暴性に気づき、『ファイト・クラブ』内に於いても存在感を増して行く。

ルール無用、ほとんど路上の喧嘩のようなファイトを何度も経験する内、外見的にも凄みを増すノートン。

ファイトを通じ、自信や度胸、勝負に対しての心理的な駆け引きのようなものまで身につけたノートンは、次第に仕事でも頭角を現すようになる。

少し前までノートンにパワハラを繰り返していた上司も最近はおとなしくなった。

基本的に『ファイト・クラブ』は秘密のクラブではあったが、それでも『ファイト・クラブ』で戦った者同士が偶然にも『ファイト・クラブ』外で顔を合わせてしまうことも少なくない。

ノートンが営業で訪れた取引先の相手も、そんな『ファイト・クラブ』でノートンと拳を交えたファイターの一人だった。

そんなせいもあり商談は上手く運び、更にノートンは昇進へと近づく。

一方、そんなノートンを快く思わない同僚もいた。

件の同僚の策謀により『ファイト・クラブ』での活動を知られたノートンは勤務先の会議室へ呼び出され、重役らをも交えて査問されてしまう。

言葉で責められ、追い詰められたノートンは、同じく『ファイト・クラブ』内でのファイトで追い詰められている状況を思い出していた。

執拗な尋問を自分への攻撃と受け止めたノートンの体は自然に反応し、会議室内での暴力行為へと及ぶ。

上司を殴り飛ばし、自らの秘密を暴いた同僚を蹴り上げ、重役を会議室の床へと叩きつけた。

ノートンは一人会議室に立ち尽くす。辺りは血の海。他には動く者もない。ノートンのジャケットも敗れ、返り血でシャツは真っ赤だ。

そんなノートンが勢い良く会議室のドアを開けた。

オフィスにいた者たちの注目が集まる。

そこにいたのは、きちんとジャケットを身につけ、シミ一つないシャツを着たノートンだった。

こんな感じ。

正直、ぜんぜん違う(笑)

何故か、

「最後、ちょっと不思議な終わり方をする」

という点だけは"本物の"『ファイト・クラブ』と共通しているのだけれど、後のストーリーは似ても似つかない(^_^;;

てか、俺のはシルベスタースタローンの『ランボー』テイスト。過酷な闘争の記憶や経験が、別の場面で出てきちゃう、みたいな。

そんな勝手に思い描いていた内容と映画が全く違ったものだから、軽く驚きました。

これはネタバレになるのかな、もう古い映画だから大丈夫でしょうか、



〜以下、軽くネタバレ〜



ぶっちゃけ、『ファイト・クラブ』ってタイトルも、夜な夜な殴り合いを繰り返す謎の集団も、映画のテーマ的にはドーデモイイ感じなんです。

少なくとも俺にはそう見えました。

却って殴り合うことがリアリティを薄めているというか。

例えば、映画の製作年が1999年であるということを無視してしまえば、それが

インターネットの書き込みであったり、ブログでの発言であったり、動画投稿サイトに投稿された動画であっても、

スジとしては成立しちゃうんです。

確かに

闘争

という意味合いに於いて最も原始的な

殴り合い

は必要だったのかもしれません。とはいえ、アレがオチで互いに殴り合ったり引きずり回したりしていたってのはなぁ…。

散々ケチをつけました。

でも、とても面白い映画だったな。

すごく怖い映画。

その怖さも、

殴り合いで血がいっぱい出るから怖い

とか、そういうバイオレンスな怖さじゃなくて。もっと、こう、サイコスリラー的な(?)怖さ。

全く何も知らなかっただけに、やられちゃいました。

そう知って観直すと、他にもたくさん気づけることが出てきそうな映画なので、もう何度か観てみないと。

一回観ただけで、大した理解もなく、トンチンカンな感想を書いてしまったようなら申し訳ない。

ぜひ記録しておきたく書いたものの、これは一回じゃアタマの悪いおじさんにはちょっと難しかったよ。

ファイト・クラブ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-03-16

20世紀少年。

暦の上では10日間に及んだ

平成から令和への改元に伴う異例の"超"大型連休

も終わり、しぶしぶといった印象ながら社会が動き出しました。

「具体的にどんな仕事なのか?」

は措く(今まで通りの内緒)として、まぁ俺は

パソコンを使った作業をする下請け(内職)のおじさん

とでも思って頂ければよろしいかと存じます。

そんなお仕事ですが、連休が明けるなりいきなり上からストップが掛かり、もしかすると俺が連休中に頑張っていた分の作業が全て"パー"になってしまう可能性が出て参りました。

おじさんはふてくされて、

昨日のブログ記事をアップした後ぐらいから、ゴロゴロしております。

『出掛けちゃおうかな?』

とも思ったものの、急に連絡が来て

「そのまま進めてくれ!」

とか言われても嫌だし。←割りと仕事はちゃんとするタイプ。

そんなワケで、拙宅にて映画を観ておりました。

なぜか今さら『20世紀少年』三部作(笑)

元号も令和となり、微妙に昭和の香りを懐かしんだのかもしれません(^_^;;

元は浦沢直樹さんの漫画です。

ちなみに、原作漫画は全く知らないのだけれど、

大人となった小学校時代の同級生たちが強大な悪に立ち向かう

みたいなストーリーで(ザックリし過ぎか?)、よくよく考えるまでもなく、小学校時代はイジメに遭っており、当時から友人の一人もなく、ロクな思い出もないおじさんにとっては、

ワケは分かるがワケの分からない物語

(「幼い頃からの友情」とか「久し振りの再開に当時の記憶をみんなで思い返す」とか、そういった心理や状況をアタマでは理解できても、現実として自分の身に覚えがないから、何か、こう、難しい。どうも入り込めない部分がある)

で、頑張って一気に三部作、6時間ぐらいになるのかな?観たのに

軽くヘコんでおります(笑)

もっとも、幼い頃の友情、みたいなモノをテーマに据えた作品は多く、ハリウッド映画の『グーニーズ』にしろ『スタンド・バイ・ミー』にしろ、

決して好きではないけど別に観てもヘコみはしなかった

ので、それだけ『20世紀少年』の描写は俺にとってリアルで生々しかったのかもしれません。

俺は

秘密基地

に入れてもらえなかったタイプの人間だったからなぁ。

仕事もせずにゴロゴロでき、何となく体は休まった気がする一方で、目が少し疲れちゃった(+_+)

けっきょく連絡は来ず、今般の仕事がどうなることやら未だはっきりとしないものの、いつでも再開できるよう、準備だけは整えておこうと思います。


にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ

カメラを止めるな!。

映画としてはかなりの低予算(約300万円ともいわていれる)で制作されながら、異例の大ヒットを飛ばした2017年の映画、『カメラを止めるな!』が早くも8日の『金曜ロードSHOW!』で放送されたので録画して鑑賞。

相変わらず映画は好きで良く観てはいるものの、映画の話題をブログで取り上げるのは久し振りかもしれません(^_^;)

基本的にネタバレはしないつもりです。てか、恐らく、ストーリーにもほとんど触れないと思います。

結論から申し上げて、評判に違わぬ楽しい映画でした。

「面白い」ではなく「楽しい」。

鑑賞後に残るのは妙な爽やかさと清々しさで、観ていて気持ちの良い映画です。

いわゆる『第四の壁』を強く意識したメタな演出は今時の大作映画には余り見られない性質のもので、ある意味で素人臭く、ある意味では反則(禁じ手)的でさえあるのだけれど、そういった事柄も含めて、創作活動の原点を見た気が致します。

もし俺が中学時代にこの作品と出会っていたら、もっと映像の世界へ深く立ち入っていたかもしれません。

……

以前もブログに書いたが、実際にハチャメチャな素人映画(マトモな台本さえ存在しないような)を8mmビデオ(「8mmフィルム」ではない)カメラで撮っていた時代があるにはある。

ただ、何に触発されたかと問うならば、どちらかといえば映画よりもバラエティ番組のコントだったであろう。

……

いずれ『カメラを止めるな!』に影響され映画を撮り始めたような若者が、世界的な映像クリエーターになる日も来るような、そんな予感さえさせる映画でした。

もしかすると、それは最初に映像を撮り始めるキッカケを与えた過ぎず、後から

「最も強く影響を受けた作品は『カメラを止めるな!』です」

と語られることはないやもしれません。

それでも、この作品には強い引力があるように感じられます。

特に俺が学生の頃と違い、今は映像作品の一つぐらい誰にだって簡単に撮れる時代です。

待ち合わせに遅れている友達を待つ30分の間にでも、持ち歩いているカメラ付きスマートフォンの一台でもあれば、ちょっとした短編映画を撮ることだって不可能ではないでしょう。

俺の頃は8mmの家庭用ビデオカメラだってちょっと珍しい、そんな時代でしたから。

そういった意味では、羨ましく思います。

いつか、そんな

『カメ止め』チルドレン

が世に出て来ることを思うと、それも楽しみです。

ところで、このような

低予算でありながら噂が噂を呼んで一大ブームを巻き起こすタイプの映画

って稀にせよあるものだけれど、題材としてホラーが選択されていることの多いような気が致します。

そうでもない?

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』であるとか『パラノーマル・アクティビティ』であるとか。

邦画であれば塚本晋也監督の『鉄男』が挙げられるでしょうか。

普通に考えて、ホラーってお金が掛かりそうなジャンルでもあります。

衣装、小道具、撮影場所。色々な考えや準備が必要ですし。

「とにかく低予算で映画を創る」

と考えた場合、皆さんならどんな映画を選びますか?

予算のことだけを考えるなら、俺なら普通の恋愛モノとか青春モノにするんじゃないかなぁ。

衣装も私服で構いませんし、撮影する場所にしたって、そこまで神経質に選ぶ必要もありませんから。

それでも作家はホラーを選び、お客さんもホラーを見る。

やっぱり

怖いもの見たさ

が人間の本質にはあるのかもしれませんね。

あ。いちおう『カメラを止めるな!』は題材としてゾンビを取り上げてはいるものの、観客に恐怖を与えるべく撮られた映画ではないとお見受け致しました。

『観てみたいけどゾンビ怖そう…』

な方も安心してご覧頂けるかと存じます。(血が出たり腕が飛んで来たり首が飛んだりはする一方、怖いかどうかは…)

そもそも純粋なホラーじゃない?

うん。そうかも(笑)

ちなみに、個人的には真魚さん(マオ)さん演じる日暮真央のキャラクターが大好きでした。

この日暮一家の親子間も非常に巧く表現されており、

あの親にして、この子あり

みたいな部分(良くも悪くも親から引き継いでしまった面と、敢えて引き継ぎを拒否(反抗・対抗)している面の、子としてのバランス)が見事に表現されていたなぁ、と。

いつか自分でも真央のような

きちんと"個性の背骨"まで表現できている

魅力的なキャラクターを生み出すことができたら嬉しいです。

これでも趣味で下手な小説を書いていたりするもので(^_^;)

にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ

名。

少し(だいぶ?)古い作品となりますが、夢枕獏さんの小説を原作とした『陰陽師』(オンミョウジ)という映画がありました。

その中で、陰陽師である安倍晴明(演:野村萬斎さん)さんが、劇中で一種の狂言回し的役割も果たしている源博雅(演:伊藤英明)さんに

「呪(劇中では「シュ」と発音されている。文字通り「呪い」のこと)とは何か」

を問われ

「この世で最も短い呪は名である」

と答えます。

呪とは即ちモノやココロを縛ることであり、例えば源博雅さんであれば「源博雅」という名に縛られている、と仰るのです。

他ならぬ当ブログも、長く続ける内、いつの頃からか

かねがねがちぶ。

という名に縛られているような気がして参りました。

内容も、記事の長さも、文面も、あくまで俺の日記であるのだから好きに書けば良いものを、知らず知らず慎重に吟味してしまっている。

その吟味の過程が面倒くさく、同時に面白くもありません。

だから何となくブログが疎ましい。

別に否定的なコメントが寄せられているワケでも、どこかで叩かれているワケでも、そんなことは何もないのに、ブログを書くのが重く、負担に感じているようなトコロが最近はございます。

そう、具体的に何がどうということもないのに、です。

時を掛けて練られた正に呪のようなものでございましょう。

タチが悪いのは、この呪を掛けているのは他ならぬ自分ということ。

全ては俺の納得の問題。

或いは人気のブログであれば、

『スタイルを変えたら人気が落ちちゃうかも…』

的な懸念はあったかもしれないけれど、このブログには

そもそも落ちるような人気

もありませんし(笑)

漠然と「変える」というのもどうやら俺にとっては難しく、ここは一つ新しい方向性を見付けて、そちらの方向へ進んでみたいと存じます。

まずは

その方向

を定めないとな。

先は長そうです(+_+)

あ。日付を入れなくちゃ。今日は早くも1月5日。土曜日。

そろそろお正月気分も落ち着いて参りました。

今日も頑張ってお仕事しています(^-^)

にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ

注目されればこそ。

こんにちは。

今日も離人感が強く、もしかすると支離滅裂な文章になってしまうかもしれません。

あらかじめお含み置き頂ければと存じます。

皆さんの中にも、ご覧になった方はいらっしゃるでしょうか。話題の映画、『カメラを止めるな!』。

映画としては破格の製作費300万円(!)ながら、その興行収入は10億円超え確実とも目される、正に

モンスタームービー。

そんな『カメラを止めるな!』に、盗作疑惑が浮上しているそうです。

盗作元とされるのは、『GHOST IN THE BOX!』というお芝居(舞台演劇)だとか。

ここで俺が注目したいのは、

本当に盗作なのか否か?

という点よりも、『カメラを止めるな!』は大ヒット満員御礼が続き、一方の『GHOST IN THE BOX!』は少なくとも俺の耳にタイトルが届くことすら今まで全くなかった点。

仮に完全なる盗作だとして、映画の方はヒットを遂げ、お芝居の方はそこまで至らなかったというのも面白いハナシです。

上記リンク先の記事に拠れば、

口コミを中心に評判が広がり続け、累計上映館数が全国190館(8月17日現在)を突破。役所広司ら、芸能人がこぞって絶賛
(以下略)

とあります。今やクチコミが文字通りの"人間のクチ"のみならず、SNSを中心としたネットを介して凄まじい勢いで広がる時代です。

そんな中にあって、著名な芸能人や有名人(いわゆるインフルエンサー)までもが称賛したとなれば、その勢いは凄まじいものとなるでしょう。

要は、『GHOST IN THE BOX!』も既に大ヒットしていて、それに『カメラを止めるな!』が続くカタチとなっていれば、ここまで大きな問題にはならなかったのかもしれません。

また、『カメラを止めるな!』製作サイドも、今のヒットを予見できていなかった可能性すらあります。

想像以上の話題作となってしまったからこそ、盗作疑惑が表面化してしまった、というか。

大きな製作会社なり配給会社なりが映画の企画段階から携わり、それなりのバジェット(予算)を組んで作られた映画なら、その辺りも先んじてクリアしていたような気がするんですよ。

ただ、そのような問題をクリアして上で、それなりの製作会社なり配給会社なりが関わり、それなりの資金を注ぎ込んで『カメラを止めるな!』を撮った場合、今度は今のヒットがなくなってしまっていたかもしれない。

……

何せ「監督も無名、超低予算なのに面白い!」というのが同作品最大のセールスポイントであるとも考えられるのだ。

……

難しい問題ですよね…。

それは盗作なんてアリエナイのだけれど、たまたま手にして買って読んだ小説が、自分が書いた小説にソックリだったことがあります。

アリエナイというのも、その小説を俺が一切発表していなかったからで、例えばその小説を俺がブログにアップしていたとか、何かしらの懸賞に応募していた(その審査員の中に件の小説を上梓した作家さんがいた)等の事実があれば、ハナシは変わっていたかもしれません。

音楽にしろ文学にしろ映像作品にしろ、これだけ様々な作品が巷に溢れているワケで、また、それぞれのクリエイターにしても何らかの作品からの影響は確実に受けているワケで、盗作とまではいえないまでも、

そこはかとない既視感

はあって然るべきだとも思うのでした。

ナンデモカンデモ

アレはコレのパクリ

にされてしまっては、何も作れなくなってしまいます。

『カメラを止めるな!』の盗作元とされる『GHOST IN THE BOX!』にしても、何かしらの作品の影響下にはあるハズで。

てか、この記事は『GHOST IN THE BOX!』も『カメラを止めるな!』も全く知らない人間が書いています(笑)

まぁ、

『ちょっと似ているなぁ』

から

『丸っ切り同じじゃないか!』

まで色々あるでしょう。

インスパイア、オマージュ、パロディ、パクリ…。

確かに、これはあくまで一般論として(この『GHOST IN THE BOX!』と『カメラを止めるな!』の問題とは無関係で)自分が作った作品はイマイチ注目もされず、どうもそれの模倣と思しき作品が大ヒットしていたとしたら、余り良い気がしないだろうな、とは思います。

ハナシを戻して、『カメラを止めるな!』のスマッシュヒットは、プロアマを問わず映画製作へ携わる多くの方や、クリエイターを目指す方々に、大きな夢を抱かせたのではないでしょうか。

そこにケチが付くようではいけません。

今般の問題が速やかかつ穏便に解決し、全てが丸く収まることを望みます。

ある優れた作品が爆発的に売れたと思ったら、今度は

こういうハナシ

が出て来るというのも、何だか嫌なものですね(+_+)
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

nanny

恥ずかしがりで寂しがり。

Iga腎症、アトピー性皮膚炎等、様々な病気と付き合っており、現在は血液透析(週に3回 1回4時間)を受けている元腹膜透析(CAPD)患者です。

糖尿病がありましたが、40kg以上の減量に成功し、現在は寛解しています。

2009年7月3日に原因不明の卒倒をして以来、離人感を抱くようになりました。

ブログでは日々思った色々なことに就いて書いています。

今日の暦