かねがねがちぶ。

人生踏んだり蹴ったり。

知識

磨穿鉄硯。

読書が好きで、下手な小説なら自分で書いたりもしているのですが、作家さんの書かれた小説を読んでいたりすると、まだまだ知らない日本語が山のように出て参ります。

その知らない言葉を(前後の文脈や単語を構成する漢字の雰囲気で大体の意味が分かったとしても)辞書で調べては、手帳に書き留めたりしているものの、いかんせん使う場面がなく、調べても調べても、なかなか覚えられません(+_+)

ブログでも使いにくい言葉が多いのです。

いちおう、基本的な日本語は一通りアタマの中に入っている"つもり"になっておりますから、わざわざ知ったばかりの言葉を使うまでもなく、たとえ遠回りな表現になってしまうにしろ、何とか伝わるようなカタチにはできてしまっている"つもり"でいる。

(日付変わって)昨日は

倶利伽羅落し(クリカラオトシ)

という言葉と出会いました。何かの必殺技みたいでカッコイイでしょ?(笑)

どんな意味かお分かりになるでしょうか。倶利伽羅落し。

正解は

くりから‐おとし【×倶利×迦羅落(と)し】 の意味
 
1 倶利迦羅竜王が剣に巻きついた形のように、螺旋 (らせん) 形に回りながら落ちること。
2 源義仲の軍が、平維盛の軍を倶利伽羅谷の谷底へ攻め落としたこと。


だそうです。 (『倶利伽羅竜王』というのは、不動明王の化身であり、"炎に包まれた黒い龍が剣に巻き付いている剣を呑み込もうとしている様"で表わされるのだとか。それも何だかギリシア神話の『アスクレピオスの杖』や『カドゥケウス』と似た雰囲気をかもしていて興味深いものがあります)

まぁ、2番目の意味で使うことは余りないでしょう。ないというか、一つの歴史的事件に過ぎません。『応仁の乱』みたいな。

一方、1番目の意味なら色々と使えます。

「秋風に吹かれた銀杏の葉が倶利伽羅落しに舞っている」

とか。ただ、やはりと申しましょうか、カッコイイけど分かりにくい。まだ

「秋風に吹かれた銀杏の葉がはらはらと回りながら舞い落ちる」

の方が分かりやすいといえるでしょう。航空機を使った曲芸飛行に於けるキリモミ急降下をご覧になって、

「おー倶利伽羅落し!」

と直感的に仰る方が多いようにも思えません。

それでも、ちゃんと辞書に載っている言葉である事実…。

欣喜雀躍勇躍恬淡オーベルジュ

この何十時間かの間で出会った、知らない言葉の数々。

いつか使える日が来るかなぁ…。

そんな未知の言葉を『書けば覚えるだろう』という単純な発想から手書きでもって手帳に書き込んでいるのだけれど、紙の帳面だと検索性が悪いというか、

『そんなようなことを何となく書いた覚えはあるが何だったかな…?』

なことも度々で、いつまで経っても俺の語彙が増えることはなく、ペンだこが硬くなるばかり(+_+)

この手の似たような記事も度々ブログに書いていますよね(^_^;;

成長しないなぁ。

こういうのは…

……手帳を繰ることしばらく……

そうそう、これこれ。

呉下の阿蒙(ゴカノアモウ)

というのだそうです(+_+)

好きなら好きなりに、もっと自在に言葉を操れるようになりたいよ(>_<)

たくさんいた。

遂に念願の『(CANADA DRY)ジンジャーエール』を手に入れたぞ!

GINGER_ALE

ありました!

(どうして手袋をしているのかは気にしないで下さい。どうしても気になる方はコチラをどうぞ)

つーか、前回の捜索(上記リンク先参照)では、思い立って探しに出た時間が時間ということもあり、コンビニエンスストアを中心に探し歩いたワケだけれど、何のことはない、スーパーマーケットではザクザクと潤沢に売られておりました。

それも500ml入りで88円とか。安い。

ただ、血液透析と血液透析の間に増やしても良いとされる体重はだいたい決まっている上、その体重が増えてしまう要因というのも、多くの場合に於いて(食品に含まれているモノも含めた)水分であることがほとんどな為、この500mlの『ジンジャーエール』を一度で全て飲み切ってしまうというのも、血液透析患者とあっては暴挙にして愚行に他なりません。

よって、炭酸は間違いなく抜けてしまうでしょうが、何日かに分けて少しずつ大切に頂きたいと思います(+_+)

それでも、日頃の我慢の甲斐があり、今日(日付変わって月曜日の午後)の血液透析までに200〜300mlは飲めると思われますので、楽しみです(^-^)

ところで、漢字に変換されてはいるものの、この記事の一行目、

「ねんがんの〜をてにいれたぞ!」

というのも、割りとネット上のアチコチで見掛ける言い回しなのだけれど、やはり元ネタとでもすべきモノがあり、そもそもは

「ねんがんのアイスソードをてにいれたぞ!」

という、あるゲーム上での台詞から広まった文句らしいですね。

ネット上で頻繁に見る言葉の元をたどったりも良くします。

というのも、意外と可愛らしいような文言でも、元をたどれば実はかなり猟奇的な内容の成人向け漫画に端を発していたりして、ただ

みんなが使っているから

どっかの掲示板で見掛けて面白かったから

等と、一種の流行り言葉でも使うかのような心持ちで安易に使ってしまうと、元ネタをご存知である方から、或いは白眼視されてしまうこともあるような気が致しまして…。

いずれにせよ、流行語でも若者言葉でも、はたまた一般的な慣用句でも

その言葉のルーツを知って用いる

って大事なことだと思うんです。

さすがに全ての全ては無理にしろ、

『これって何でこんな言い方をするのだろう?』

みたく、疑問に感じるような言葉に関しては、なるべく調べるようにしております。

今時分はインターネット検索サイトに尋ねるだけで、大体のことは出て参りますし。

意外な豆知識みたいなモノが得られたりもして面白いですよ(^-^)

例えば、ご存知の方もいらっしゃるかとは存じますが、

「目からウロコが落ちる」

なんてなぁ、そもそもが新約聖書のエピソードから出た言葉らしいですからね。

やっぱり言葉は面白いです(^-^)

てか。

早くジンジャーエールが飲みたいな(>_<) ←飲むとすれば今日の食事(午前10時頃)の後!

咄嗟には出ないだろうな。

本を読んでいたりして、正確な意味を知らぬ言葉を見付けては、それを辞書で調べ、内容の詳細を手帳へ書き込んでいたりします。

というか、記憶できない程の過密スケジュールを過ごしているワケでもない為、手帳はほとんど

○月×日に調べた事柄の記録
○月×日に思い付いたアイデアの記録
○月×日に触れた心惹かれる文章の記録

と化しておりまして(^_^;;

しかし言葉というのも奥が深く、40年も生きて来て、それなりの本を読み、それなりの情報に触れ、それなりのことは知っているつもりであるのに、知らない言葉が続々と出て参ります。

それは単に耳新しい言葉が外国から輸入されて来たとか、若者が新しい言葉を創り出したといったワケでもなく、以前からあったにも関わらず、俺には届いていなかった言葉の数々です。

いささか前のハナシとなりますが、近畿地方を中心として、お寺や神社の建物に油のような液体(?)を撒き散らし汚す、といった不届きな事件がございました。ご記憶の方も多いかと存じます。

さて。上のような事件。

歴史や伝統あるものや、本来なら美しく尊ばれるべき文化的な存在を、汚損、もしくは破壊せしめる横道な行為。

これを一言で表すなら何とするか?

昨日までの俺には何とも表現できませんでした(+_+)

ところが先程、学んだのです。

ヴァンダリズム

なる言葉があるということを!

ジャンクロードヴァンダム的思想のことではありませんよ。上記リンク先にある通り、

ヴァンダリズム(vandalism)とは、芸術品・公共物・私有財産を含む、美しいものや尊ぶべきとされているものを、破壊もしくは汚染する行為のこと。器物損壊や美しい外観や景観を損なわす行為(景観破壊)、落書き、見苦しく愚かな建造物を建てる行為を含む。通常、器物損壊や迷惑行為として取り締まりの対象となる。平たく言えば文化破壊運動(ぶんかはかいうんどう)である。

のだそうで、

西ローマ帝国を侵略し、ローマ市を略奪したゲルマン系のヴァンダル族にちなんで名づけられた。

とのこと。

正に先述の連続寺社汚損事件のことではありませんか。

事件が行われていた当時も、それなりに報道は見ておりましたが、少なくとも俺の目や耳に

ヴァンダリズム

なる言葉が入ることはありませんでした。

たまたま…近頃の趣味となりつつある…Wikipedia巡りをしていたトコロで目にしたヴァンダリズムの項に『あの事件のことじゃねぇか』と。

いや、事件からだいぶ時は経ってしまいましたし、今になってそんな言葉をブログの記事に載せて得をする方がいるとも思えず、或いは多くの方が実は既にご存知のメジャーな(?)言葉の内の一つで、

『得意になって書くようなことか?』

と、自らの無知を晒し恥ずかしい思いをする可能性すらあるものの、放火や窃盗や暴行といったように、

その犯罪行為を的確に一言で表す単語があること

に自分として驚き、深淵にして玄妙なる言葉の世界の広さに感動すると同時に、その余りの広さに絶望まで覚えたのです。

せめて日本国内で流通(?)している言葉だけでも全て学んでおきたいと強く願う一方、俺の頭脳と俺の余命じゃ無理だろうなぁ、と…。

そもそも辞書で調べたっていまいちピンと来ない言葉だってたくさんあるのにさ(+_+)

でも今回の学びのおかげで、「泥棒だ!」とか「火事だ!」と一言で叫ぶのと同じく、

「神社に落書きされてるよ!」

じゃなく、

「ヴァンダリズムだ!」

と端的に表現できるようになりました。

とはいえ、あくまで言葉はコミュニケーションの道具。

それで上手く人に伝わるかどうかは分からないけど(^_^;;

確かに常に何か眠い。

今日の目標としていた辺りまで仕事が進んだ為、小一時間ばかり居眠りしていました。

最近、夢を良く見るんですよ。それはそれは頻繁で、寝ていて夢を見ない日がないぐらいで、一度の眠りで二本三本(夢を数える単位は「本」で良いのかな?映画も「二本立て」とか言うし、とりあえず映画に倣いました)と複数の夢を見ることもあります。

もっとも、人間、眠れば必ずといって良いぐらい夢を見ているそうですね。ただ起きた時に忘れてしまっているだけで。

ただ、いつも余り夢を見なかった(ほとんどの夢を忘れてしまっている)ハズの俺が、詳細に数々の夢を覚えているというのも珍しいことです。

また、

夢を見るのは、眠りの中でも浅い眠り(レム睡眠)の時

なんてハナシも耳に致します。(眠っている間は、浅いレム睡眠と、深いノンレム睡眠を、交互に繰り返しているそうです)

そう考えると、もしかすると最近の俺の眠りは、浅い眠りが中心になってしまっているのではないか?と。

だから夢を頻繁に見るし、その夢も良く覚えている。

先の記事で述べた「上の空」状態も、実はそんなせいがあるんじゃないか?なんて。

これはこれ、なかなか困った事態です。

眠れないってワケではありません。確かに眠れてはいるのです。ただ、その眠りの質がどうやら宜しくない(=浅い眠りばかりが持続している)らしい。

従って、寝ても寝ても深い眠りに落ちることはなく、結果的に寝不足のような状態に陥り、起きて活動している間の脳のパフォーマンスが低下してしまう。ただでさえポンコツのガラクタなのに(^_^;;

病院(血液透析で通っている施設)へ相談すれば、睡眠薬の一つぐらい処方して頂けそうではあるものの、入眠は問題なくできている(=いわゆる睡眠"導入"剤は要らない)し、「浅い眠りを深くする薬」が果たして存在するのかどうかも良く分からなければ、あったとしても、ちょっと怖くて飲みたくない印象です。

そんなような(浅い眠りを深くする)薬を服用していると、起床した後も薬の作用が残るか何かして、何だかボンヤリしちゃいそうじゃないですか。寝起きのボケボケとした感じが持続しそうというか。

今の眠りが浅いのは別として、昔から俺の寝起きはスコブル良く、目覚めて尚お布団の中でグズグズしているということもまずなくて、起きたと思ったら、その2〜3分後には寝床の片付け(ベッドではなく、お布団を敷いて寝ております)をスッカリ終えている程なのです。

薬に頼ることで、深い眠りを得ることができたとしても、寝起きが悪くなるようでは、いささか困ってしまいます。

それでも最近は良いお薬があるのかな?

そもそも、この頃になって急に眠りが浅くなりがちになった原因も良く分からず、それを根本的に解決したいとも思うワケです。

こんな時季ですし、風邪を引いたりしない様、じゅうぶんに暖かくして寝ているのですが、実はそれが(良い睡眠を得る為には)暑くし過ぎているのかも知れません。

確かに、寝入り端は暖かくて心地良い一方、起きる頃には(無意識で)掛け布団を放り出している(掛け布団が体に掛かっていない)ことも度々あるような…。

面白いものから恐ろしいものまで、多種多様な夢が見られ、

『今夜はどんな夢が見られるのかな?』

なんて、ちょっと楽しみになっていたのだけれど(^_^;;

それでも、ちゃんと良質な睡眠を選ぶべきですよね。

〜追記〜

その信頼性は不明ながら、インターネットで簡単に調べたトコロ、

夢の単位は「片(ヘン)」。一片二片…と数えるみたいです。

ちょっと音の響きが雅で、ロマンチックな印象。

「見たらおしまい。一度きり」という夢独特の儚い情緒が、その数え方にまで織り込まれているかのようで、素敵だなぁと思いました(^_^)

雑記。

第一の副業から戻りました。

ただいま、13時08分です。

早くね?って…。今日のお客さんは、お一組さまだけでしたから(^_^;;アラアラ…

年末年始がいわゆる繁忙期に当たる為、ちょうど今ぐらいの中途半端な時期はご予約も少ないのです。

今日は

クラウド・サーフィング

なる言葉と出会いました。何だと思います?ご存知の方も多いでしょうか。俺は全く知りませんでした。

様々なデジタルデータを一台のコンピューターで独占的に管理するワケではなく、世界のどこかにあるという、巨大なデータセンターのような場所へ預け、必要に応じ、個々のデバイスで取り出して利用する、クラウド・コンピューティングというモノがありますし、

(注:"クラウド・コンピューティング"に関してはちゃんと調べておらず、俺のアタマの中にある"クラウド・コンピューティングのイメージ"を、そのまま書き出したに過ぎない為、正確な説明になっていない可能性があります。間違っていたらごめんなさい)

後半の"サーフィング"も、何となく今となっては耳にも懐かしい「ネットサーフィン」みたいな言葉を彷彿とさせる為、てっきり

コンピューター(ネットワーク)関係の新しい言葉

かと思ったら、全く違いました。

ロックコンサート等で、舞台上にいる演者さん等が、イキオイ観客席へ飛び込んだり(ダイブ)して、観客の皆さんが、胴上げの如く飛び込んで来た者を頭上高く持ち上げ、わっせわっせと順送りに((運動会の)大玉送りの要領で)運ぶ。

唐突に「ロックコンサート」なんて言葉が出て来たものだから、ご自身の目(或いは俺のアタマ)を疑われた方がいらっしゃるかも知れませんが、他ならぬ、その行為(現象)こそが

クラウド・サーフィング

らしいです。

何にでも当てはまる言葉があるものなのですね。

…。

そんなことではなくて、今日は何か他に書きたいことがあったハズなのだけれど、そんなことを書いている内、すっかり忘れてしまいました(^_^;;

何だったかな?

元々のアタマが悪い上、年齢的なモノも重なってか、最近は物忘れがヒドくて敵いません。それも大きいことではなく、ちょっとしたことを良く忘れる。

先も先で、購入して来た商品に貼り付いていた値札(シール)を剥がし、指先でコロコロと丸め、ベタベタしていたものですから、その丸めてベタベタした小さなボール状になった値段のシールを、『とりあえず(後でちゃんと捨てよう)…』とばかり、どこかにペッとくっ付けておいたんですよ。

それで件の商品をヒトシキリ検めて、『あ。そうだ値札のシールを捨てなきゃ』と思ったら、どこへ貼り付けたのだか覚えていない。

パソコンデスクの隅っこにペッと貼ったような覚えもあるし、床に軽く押し付けたような気もする。しかし探しても探しても見当たりません。

そんなだらしのない行いをしつつも、根は神経質であるせいか、『なきゃないで良いや』とは思えず、『部屋のどこかにゴミが転がっている』と考えるだけで気が気でない。

散々探して、やっと見付けたのは、自分の膝に貼り付いた、丸めた値札シールでした。

恐らくは記憶の通り、床にペッと軽く貼り付けておいたのでしょう。その近くに座ってモゾモゾとやっていた為、ベタベタとする丸めたシールが自分の膝にくっ付いた。

明確に"床に貼った記憶"があれば、その近くでモゾモゾやっていたワケですから、自分の膝だか尻だか、その辺りに貼り付いてしまっているであろうことは、容易に推測できたハズです。

その自信がないから、無駄にアッチコッチを探してしまう。

離人感があるせいかも知れませんが、何でもないようなことがヒョイとアタマから抜ける。

丸めたゴミがどこへ行ったか?ぐらいだったら良いものの、これが給湯器のスイッチを切ったか?とか、銀行のカードをあるべき場所へしまったか?とか、ちょっと大事なこととなると、大変な結果になってしまう可能性もあります。

思えば、ほぼ身動きが取れなくなる血液透析中に、ウチの鍵を掛けて来たかどうかが気になり始め、ずっと落ち着かない思いをしたことがあったっけ。

特に俺には家族もなく、メール等で簡単に「ちょっと鍵の確認しといてー」なんて、家の者に伝えることもできませんし。

気を付けないとなぁ(+_+)

それでね、落語のオチみたいなハナシになってしまうのだけれど、

本来、今日のブログに書こうとしていたこと

を思い出したんですよ。さっき。

それね、

最近、物忘れが激しい

ってことでした(+_+)
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
プロフィール

nanny

恥ずかしがりで寂しがり。

Iga腎症、アトピー性皮膚炎等、様々な病気と付き合っており、現在は血液透析(週に3回 1回4時間)を受けている元腹膜透析(CAPD)患者です。

糖尿病がありましたが、40kg以上の減量に成功し、現在は寛解しています。

2009年7月3日に原因不明の卒倒をして以来、離人感を抱くようになりました。

ブログでは日々思った色々なことに就いて書いています。

今日の暦